fbpx
addnoko.com

CATEGORY カナダライフ

大麻だけじゃない!阿片が薬局で手に入る国カナダの闇~薬物中毒のホームレスは助かるのか?①~

こんには、Jaxです。今日はカナダのあまり知られていない、闇についてお話ししたいと思います。 まずはこの薬の注意書きをみてください。 Opioid(オピオイド;阿片)が入った痛み止めです。僕が目のレーシック(PRK)を受けた時に、医者が処方した薬です。 SHOPPERSとは日本のマツキヨのような場所です。 カナダではこのように、阿片を含んだ処方薬が簡単に手に入ります。 そして、これがカナダのホーム […]

カナダ人の僕は発達障害。日本語学校をくびになった過去。日本の文化と発達障がいは合わない。

僕は小さいころから問題行動が多かったです。 僕はカナダに生まれたカナダ人ですが、日系2世です。 カナダでは小学校から大学まで普通のカナダの学校に通いました。 それとは別に、小さいころにカナダの日本語学校にも通いました。 でも問題行動で親が何度も呼び出され、結局、日本語学校は退学になりました。 カナダの学校は退学にならないのにね! (大学はカナダの有名大学を卒業しました。) やっぱり日本の教育は、 […]

【実録】これがADHDモラハラ男のLINEだ~良い子にしないと罰があるよ系~

僕と奥さんの今日のLINE 奥さん曰く、僕の会話はいつもモラハラになる。だから私はギャグで返す。カサンドラ症候群にならないために。そして、僕のモラハラを加速させないためにと。 ◆僕用語・BB・・・bad behavior(悪い行動のこと) ようするに、僕と一緒に明日ポーク祭りに行きたければ、良い子にしとけよ。僕が気に障る行動して、BBが100%になったらお祭りに連れて行かないぞ!と僕が奥さんを脅し […]

ドクター推奨/ADHDの僕が会社で歩き回るのを止める方法

僕は今までの職場ではじっと椅子に座っていられなくて、オフィスを歩き回って、困っていました。 それでスペシャリストに相談したら、こんな方法を教えてもらいました。 スペシャリストによる集中する方法 1.遠いところを思い浮かべる 2.そこに向かって歩いているイメージをする 僕の歩き病はこれで一時的に止まるけど、メンドクサイからしてない。 しかも、僕のカナダの新しいオフィスは広い。 変な人も多い。 僕が歩 […]

自分が何者か分かるまでが辛い病気。 “Is it Me or ADHD?”

ADHDと診断された瞬間に自分を許せる。 ADHDやASD(昔でいうアスぺ)、はたまたADHDとアスぺの混合型など、何でもいいが、 高機能発達障害を持っていて、人生がうまくいってない人は、「自分が何者か分からないことで悩む。」 僕の場合、自分が何者か分からないまま、ルールを破ったり、友達や会社、家族ともめたり、人を傷つけてしまう自分を責め続けたりした。 自分は本当にダメな人間なんだと、自分自身をど […]

発達障害の僕の劣等感~自慢話編~

奥さんに言わせると、僕はあまり自慢話はしない。 ただ、仕事で給料をもらった時や、他の人にはないベネフィットを貰った時に、 「どうだ、俺すごいだろ!!」と王様プレーをしだすそうだ。 例えば、 「ねぇ、wife俺が今月いくら稼いだか知ってる?wifeの何倍?」 「ねぇ、wife、誰のおかげで良い保険があると思うの?」 「ねぇ、wife、庶民の君に、王様の僕がなんかしてあげようか?」 など、毎月のただの […]

ADHDの僕の2つの劣等感と成長の過程

劣等感は、他者との比較で発生します。 劣等感にはアドラー心理学がおすすめです。 僕の2つの劣等感には、 1.攻撃性の劣等感 2.自慢話による劣等感 があります。 この劣等感を克服するためには、「自分はこの世に必要とされる存在だ」という実感が必要になります。 発達障害の僕は劣等感によって、2次障害(行為障害)が沢山あります。 なので宮台真司さんのように、ニューロダイバーシティの概念を多くの人に広めた […]

【カナダデー】奥さんと初めて過ごした年

僕は奥さんと出会って、5・6年くらい経ちます。(付き合ってない年も含めて) そして、今年初めてカナダでカナダデーを一緒に過ごしました。 2人で、公園のパーティーに行って、その後、友人の家に行って、バーベキューをして軽くお酒を飲んで楽しみました。 日本ではカナダ―ではパーティーで、僕は毎年友人と朝まで遊んでいました。 僕は、「あー、そういえば、カナダデーはこんなりラックして過ごす日だったなぁ」と思い […]

約束を守れないADHDの僕が、子どもを欲しかった理由。

僕が子どもを欲しかった理由は、 「子どもがいない人生は楽だから、楽ばかりしちゃいけないから。」 そして、 「こどもに自分の趣味をおしつけて、それを子どもと一緒にしたいから。」 それを聞いた奥さんは、 「え!? もう十分人生大変じゃんw」 「え!?それ毒親の典型じゃんw」 で僕も、 「うん。だから子どもいらない。お金かかるし。」 これが僕が子どもを欲しかった理由です。 今日の奥さんとのお話は。 「僕 […]

【多数派の誤解】発達障害は失礼だけど、悪意がない。

発達障害は、パーティが終わって帰りがけに、ラーメン食べに行こう!という。 多数派は、 「え!パーティの料理が十分じゃなかったの?」 とおもう。 それで、嫌みだと思う人もいる。 または失礼だと思う人もいる。 違うんだ、発達障害は本当にいつでもお腹が減るんだ。 また、多数派の考えを聞くまで、他の人がそんな風に思うなんて、想像だにしない。 だから、多数派の反応に驚いて、傷ついたりする。 多数派は発達障害 […]

【虐待?躾?】発達障害のこども縄跳びで縛られる。

今日は、奥さんが子どもの頃に学校で受けた、今では虐待にあたる先生の行為を紹介しよう。ちなみに、奥さんは、面白がって話していて、全く傷ついていない。 僕も僕の奥さんも、とてもうるさいこどもだった。スーパーで買ってもらえるまで、床に寝転がって泣きわめいているこども。それが僕たちだ。とにかくしつこい。 親は周りの目もあるし、発達障害のこどものしつこいエネルギーはすごいから、根負けして、買って騒ぎをおさめ […]

発達障害の意味不明な理論。Non Sense犬だけが僕の味方。

僕は、何か質問されても、質問にちゃんと答える事ができません。 相手が本当に聞きたいポイントが分からなくて、どうでもいいことを言い出したり、 話しをそらしたり、無視したり、余計な事を言ってしまいます。 それで相手が怒ると、「人はすぐ怒る」と僕の脳は思ってしまいます。 自分の態度が相手をイライラさせたとは分かりません。 それで、更に相手が悪いと言って、もっと相手を怒らせてしまいます。 僕のこの特徴で僕 […]

ADDの僕がオフィスで働けない理由は歩く病。日本で洗脳されました。

僕は歩く病です。ちなみに、僕の奥さんは小さいころ歩く病で、小学生の時に、授業中に歩き回らないように、先生に、縄跳びで椅子に縛り付けられていました(笑) さて、僕の歩く病の話に戻ります。 僕が中々オフィスで働くのが難しい理由には歩く病がありあます。 じっと机に座っておくことができません。考え事をすると席をたって、無意識にずっとウロウロしてしまいます。 カナダで高校生の時にバイトしたスーパーでは、いつ […]