fbpx

ADDの僕がオフィスで働けない理由は歩く病。日本で洗脳されました。

2019年10月26日ADD, ADDLIFE, ADD恋愛ADHD, トラブル, 仕事, 歩き回る, 歩く病, 洗脳, 職場, 落ち着きがない

ADDの僕がオフィスで働けない理由

僕は歩く病です。
ちなみに、僕の奥さんは小さいころ歩く病で、小学生の時に、授業中に歩き回らないように、先生に、縄跳びで椅子に縛り付けられていました(笑)

さて、僕の歩く病の話に戻ります。

僕が中々オフィスで働くのが難しい理由には歩く病がありあます。

じっと机に座っておくことができません。
考え事をすると席をたって、無意識にずっとウロウロしてしまいます。

カナダで高校生の時にバイトしたスーパーでは、いつもたっていたので、歩き病も気になりませんでした。

韓国での幼稚園の英語講師も、立ったり動いたりするので、僕にとって楽な仕事でした。

僕の歩き病人生は、日本に住んだ時に急に困りごとになりました。

僕は日本で主にITの仕事をしていました。
ITの仕事の中でも、お客さんのところにいって、パソコンを修理したりする仕事は大丈夫でした。
しかし、ITの中でも、ヘルプデスクや、オフィスワークの仕事のように、長時間机に座っていけない仕事になって、歩き病のため、オフィスで怒られる経験をしました。

日本人はみんな席をたたないので、歩き病は恥ずかしいことだと、日本の生活を通して僕は思うようになりました。

それで今でも、気付くと歩いている自分が嫌いです。
僕は歩き病をなおしたいです。

カナダで研修を受ける機会がありました。

その時に、一緒に研修を受けていた女の人が、急に立ち上がって、「集中できないので立っていいですか?」と講師に聞き出しました。

講師は普通に「いいですよー」といって、その女性は2時間くらいずっと立っていました。
周りも普通でした。

僕はその時に、「この人仲間だ!」と思いました。
そして、僕はカナダにずっと住んでいたら、歩き病がある自分自身を嫌いにならなかったかなぁ。と思いました。

日本では、みんなと一緒、きちんとする。
が正しい事だとされています。

僕の歩き病は、悪い事で、恥ずかしいことです。

僕はすっかり日本で洗脳されて、どんどん自分が嫌いになってしまいました。

僕は困っています。
僕を助けてください。

(Visited 135 times, 1 visits today)
Share