fbpx

発達障害の夫を持つ妻へのセカンドアビュースとは?理解されないという悟り

ADDと妻

発達障害の妻が受けやすいセカンドアビュース

 

 

発達障害の僕は、問題行動を性格の問題と片づけられ、
理解されず、うつ病やモラハラ人格障害などの2次被害を起こしやすいです。

一方僕の妻は友人などに僕のことを相談したり愚痴っても、

「そんなのうちの旦那も○○だよ~」
「男の人はそうゆうところあるよ」
「何で一緒にいるの?別れれば?」
「ただの喧嘩でしょ」

などとそのモラハラ行動を普通の夫婦喧嘩と受け取られ、
「愚痴ってんじゃないよ~、あなたも悪いんでしょ?」のように言われ、
深く傷つくことが多かったです。

また毎日の僕のひどいモラハラに、妻はいつも疲労していますが、
周りから見ると妻がなんでいつもそんなに疲れているか理解されません。

僕のモラハラがひどい時は、妻は起きることすらできません。

それぐらいいつも精神的に追い詰められています。

でも、そんな妻を見て
「辛いなら別れればいいよ、あなたにも問題があるんでしょ?」
と簡単に言ってしまう人もいます。

それを、
セカンドアビュースといいます。

日本語だと、二次的虐待です。

また、明らかにひどい虐待なのに
「ただの喧嘩でしょ?」
と言ってしまう人もいます。

でも僕の妻は合理化して自分の心を守れる力があるので、

「人というのは弱い。
みんな自己防衛本能で他人を攻撃する癖があるんんだ。
悪気はないけど知識がないんだ。」

と思って、自他の区別・課題の分離をします。

妻は自分を被害者だと思っていませんが、僕といると普通なら使わなくていい無駄なエネルギーを使わないといけないので、エネルギー不足になります。

妻のエネルギーを二人のプラスになることに使うように、僕も成長したいです。

僕たちは発達障害のリアルを届けたい。

発達障害への真の理解とサポート、そして知識は思いやりをうむ。

足が片方しかない人に、「努力不足であなたは早く走れないんだ」
という人はいない。

発達障害の障害は目に見えにくい、人の心が分かりにく発達障害に普通の健常者との交流を期待してもどうぞ裏切られた気持ちにならないで欲しい。

彼らはそれで深く傷つき、更なる2次障害を起こす。

発達障害という障害の知識を広めたい。

(Visited 16 times, 1 visits today)
Share

ADDと妻

Posted by addnoko