fbpx

発達障害の僕の劣等感~攻撃性編~

ADDとモラハラ, ADDと妻

僕は自分を客観視できない。
なので、モラハラで自分を守る。

奥さんは言う。

~自分の感情をいつまでも人のせいにしていては、
あなたの心の問題はいつまでも解決しません。
私も日々、特訓中です、一緒に頑張りませんか?~

劣等感ってなに?どうやって生まれるの?

劣等感は、家庭環境や学校、会社、生きていれば色んな要因でうまれます。
劣等感を持ったことがない人なんていないでしょう。

ただし、僕のように、劣等感から人を攻撃する場合は厄介です。
この意味は、僕自身の苦しみを表しています。

    • 劣等感は、「自分への怒り」です。自分のことをいつも責めています。
    • 劣等感が強い人は、自分の苦しさを人にぶつけてしまいます。
    • 恐怖心、不安感、支配欲が強いです。
    • 自分がターゲットより劣っていることを、周りに知られる不安があります。

※劣っているの基準も勝手な思い込みです。

奥さんは言います。
「Jaxはモラハラや攻撃性で、私や家族を傷つけても平気そうに見えるけど、実は一番苦しんでいるんでしょう。心の中でいつも自分を責めているんでしょう。人の作った価値観なんてどうでもいいじゃん、楽になれよ。」と。

モラハラを受け入れる奥さんはカサンドラか共依存か、はたまた変人か?

劣等感に含まれる恐れからモラハラする人には常にターゲットが必要です。
奥さんは僕のターゲットでした。

モラハラターゲットになりやすい人の特徴

モラハラターゲットになりやすい人の特徴は色んなサイトにも載っています。

簡単にいうと、

  • あまり怒らない人
  • 優しそうな人
  • 怒っても仕返ししない人
  • コンプレックスがある人

などです。

モラハラの裏に隠れた本当の感情とは?

劣等感が強くてモラハラなどの攻撃で自分を守る人は、

とても
・愛されたい
・甘えたい
・理解してもらいたい

という気持ちが強いです。

だからターゲットになる人が女性に多いのは、女性には母性本能があるので、
「かわいそう」と思うからです。

奥さんも、僕をかわいそうと思います。

奥さんは、Jaxがこうなったのは、Jaxのせいじゃないから、早く楽になれる様に、正しいサポートを受けてね。
と言います。

劣等感が強いということは、僕がいつもいじめられていた環境にいたということです。
それは家族の中でも、学校でも、会社でも起こります。

それは僕の発達障害のせいで起こっていたなら、いじめたいた側も悪くはないです。

誰も悪くないです。
ただ、発達障害は現代では脳の病気というところまで解明されました。
正しいサポート団体も増えてきました。
今も続く発達障害への差別をなくそうと、ニューロダイバーシティの概念を知っている人も増えてきました。

僕と奥さんは、発達障害で生まれてくる子供がなるべく、古い価値観のために傷つかない世界を作りたいです。

それにはあなたの応援が必要です。

どうぞ僕たちを助けてください。

(Visited 28 times, 1 visits today)
Share

ADDとモラハラ, ADDと妻

Posted by addnoko