fbpx

自分が何者か分かるまでが辛い病気。 “Is it Me or the ADHD?”

ADDLIFE, ADDと妻

ADHDと診断された瞬間に自分を許せる。

ADHDやASD(昔でいうアスぺ)、はたまたADHDとアスぺの混合型など、何でもいいが、
高機能発達障害を持っていて、人生がうまくいってない人は、「自分が何者が分かっていない。」

自分が何者か分からないまま、ルールを破ったり、友達や会社、家族ともめたり、人を傷つけてしまう自分を責め続けた。

自分は本当にダメな人間なんだと、自分自身をどんどん嫌いになった。

でもそれを認めたくなくて、表面上はパーティー大好き、僕はCoolみたいに振る舞っていた。

その僕に集まる人は、本当の僕を知らない。

だから、僕はいつの間にか誰も信用できなくなった。

どうせ、本当の僕を知ったら、みんな離れていくんだ。(こわいよ)

だから、こんなひどい事をしても、離れないという保証のために、僕はモラハラをするんだ。

僕は大事だった人を傷つけ、幸せに出来なったら。

だから僕は病院に行った。

そして僕は発達障害というなの武器を手に入れた。
その武器を手に入れないと、僕は僕自身を責めて、苦しくてしょうがないままだったろう。

僕は、今、その武器で自分を守っている。

発達障害のせいにして、努力をしない。

まだ僕は、発達障害の僕というものを受け入れていないし、立ち向かおうとしていない。

セルフアウェアネスself-awareness

それにはとても勇気がいる。

僕は、僕自身を好きになれるかな?

奥さんは言う、「楽になりなよ。」
「あなたは、勝手に振る舞うけど、それは偽物。あなたはとても不自由にみえる」と。

(Visited 20 times, 1 visits today)
Share

ADDLIFE, ADDと妻

Posted by addnoko