fbpx

ひろゆき流、人を見下すスキル~傷つかない為の生き方~

02/13/2020発達障害と子育て・教育, 高機能発達障害(ASD・ADHD)ADHD, ひろゆき, 人と違う, 人間関係, 仲間はずれ, 傷つく, 名言, 変わっている, 子ども, 怒られる, 生き方, 発達障害, 西村博之, 見下す

ADHDなど発達障害の子どもは特に日本だと変人扱いされ、居場所がない。

日本は決まり事が多いし、空気を読む文化、和を重んじる文化、目立ってはいけない文化。

だから、発達障害のあなたは自信をなくすことが多くあるだろう。

怒られることも多くあるだろう。
傷ついて、ボロボロになって、死にたくなる日もあるだろう。

でもね、大丈夫。
あなたのせいじゃないし、あなたが悪いわけではない。

ただただ、あなたと多数派の考え方が違うだけ。

発達しょうがいのあなたが、強いメンタルをもつには?

今回は、ひろゆき氏の話を例に強いメンタルの作り方をご紹介したい。

ひろゆき氏(西村博之氏)は、2ちゃんねる (2ch.sc) をつくった人です。
今はフランスに住んでいて、英語圏の4chanの管理人をしているそうです。

最近はペンギン村をはじめました。

論破が上手な人で、基本人を見下している事で有名です。

なぜ、ひろゆき氏が人を見下すようになったか、ひろゆき氏本人の言葉を借りて説明したいです。

基本僕は周りの人を見下しているんですよ。
基本犬に噛まれても、いてって思うけど、その犬に向かってマジ切れすることはないじゃないですか?

ネット上で何か言葉が書かれたとしても、「へ~こうゆう風に考える人がいるんだ」と思うだけで、人に思い入れがないんですよ。

小学生の男子に、不細工といわれても、「ごめんなぁ、おれ、不細工で(笑)」となるじゃないですか?

小学生に向かってマジ切れしないじゃないですか?
そうゆうことですよ。

ひろゆき氏が人を見下すことに決めた決定的なトカゲ事件

僕は、他人に好かれないことが小学生の頃から分かっていたんですよ。

僕は子どもの頃から、自分の行為が人に理解されないことが多かったんですよ。

有名な話しにトカゲ事件がある。
ひろゆき氏は小学生のころ、トカゲを集めるのが大好きで、親切心で4Fの家にトカゲをプレゼントでばらまいてあげたことがある。

怒られて、怒ったおばちゃんの腕に噛みついて、問題になった事件があった。

ひろゆき氏のその時の思考回路は、
・僕の好意を怒りで返した理不尽なおばちゃんと
というものだった。

その時に、ひろゆき氏は、
「僕は社会と折り合いつかない」と悟ったという。

「他人は他人、僕の考えが伝わるとは思わない」と言っている。

中学校でも、人に理解されない、人を理解できないことは変わらず、彼は毎日のように、中学校で大人に怒られていた。

彼が何かするたびに、怒られていた。
先生のいうことが矛盾していて、先生に「それはおかしいじゃないか!」とくってかかる子どもだった。

それは不合理だ!と叫ぶ子どもだったんだろう。

ひろゆき氏が2ちゃんねる (2ch.sc) を作った理由が悲しいく深い

僕は人に理解されないので、僕は人が理解できない。

これがひろゆき氏が子どもの頃に悟ったことだ。
人は分からないものに興味がわく。

ひろゆき氏はだから、人間観察が大好きだ。

人間を観察する為に、2ちゃんねる (2ch.sc)つくって、人が何をするのか観察した。

ニコニコ動画も同じで、場をつくると、こんなんやる面白い人いるんだ。へー
という驚きがある。でやっている。

英語圏の4chだとたまに犯罪者がでてきて面白いなと思ってみてる。

ひろゆき氏は、友達がいなくても困らないし、相手に期待もしていない。
だから傷つくこともない。

僕は彼のこの話を聞いて、泣いた。大泣きした。

彼はみんなに嫌みなやつと言われるが、僕には彼の心の中が見える。

彼の深い傷が見える。
彼は自分が壊れないようにするために、人を見下すスキルを身につけたのだ。

彼が発達障害がどうか分からないが、彼の話し方は独特だ。
彼の思考の特徴も独特だ。

発達障害の人は、人に理解されないこと、否定されること、怒られることで、自信をなくしやすい。
自信をなくすと、2次障害になりやすい。
この2次障害が全てを悪くする。

2次障害を防ぐためにも、是非ひろゆき流・人を見下すスキルを身につけよう。

あなたは間違ってない。
ただ、人には期待しない事。
人はバカ(爬虫類脳、哺乳類脳に支配されている)

だから、あなたを傷つける。

あなたは自分を守って。

僕のように2次障害で自分と大事な人を傷つける生き方をしないで。

(Visited 667 times, 1 visits today)
Share