fbpx

発達障害を言い訳にしていはいけない~正しいサポートのすすめ~

高機能発達障害(ASD・ADHD)ADHD, サポート, 支援, 片付け

高機能発達障害のムカツク言い訳に次のようなものがある。

1.発達障害で思いやりはない、けどIQが高いから、、、
2.ADHDだから片付けられない、、、
3.ADHDだから空気が読めない、、、

もちろん以上のことは発達障害ASDの特徴です。
定型発達と比べたらもちろん、それは真実で、発達障害にとっては苦手なことです。

今回は、
2.ADHDだから片付けられない、、、
の例をとって発達障害への正しいサポートを提案したいです。

だって、ADHDの人の中にもある程度片づけられる人もいるんだもん。
工夫さえすればさ。

例えば、

・ハサミはこの場所。
・携帯はこの場所。
・洗濯物はタタマナイケド、この大きな袋にいれておく。
・生ごみだけはすぐ捨てる。
・ゴミはこのに場所にまとめる。

など大きなくくりのカテゴリを部屋に用意しておいて、
繰り返しその行動を繰り返せば、
片付けているという意識はないまま、
その行動を習慣にすることができるからです。

間違っても定型発達みたいに、
・乾いた洗濯は必ずたたんで、引き出しにいれる。

などとハードルを高くしてはいけません。
それは出来ません。
鬱になるだけです。

出来なくてもいい。
と自分を受け入れることが大切です。

家族に文句を言われても、
それは家族の理解がないと思って、
自分を追いつめて、
自分は出来ない、、、
と劣等感をもたないでください。

このように、発達障害、特にADHDは
ADHDを言い訳にして
「僕は私は全く片付けができない!だってADHDだから~」
と開き直って家族に片づけさせたりしてはいけません。

また家族も、身近にいる恋人なども
「彼は彼女は、あの子はADHDだから片付けできないのよ、、、私が全部やらなきゃ、、、」
と間違ったサポートをしないでください。

調子にのって、部屋中汚す癖がついて

「だって僕は私はADHDだもん。障害だから理解してよ。」
と言い出します。
それは単なる甘やかしの共依存です。

ADHDはもちろん定型発達より片付けができません。
でも、大きなカテゴリを決めれば片づけることができます。

どうぞあなたも、発達障害が自立できるように、正しいサポートをしてあげてください。

(Visited 192 times, 1 visits today)
Share